京王井の頭線のあじさい

今週は第三週目で店は連休だ。火曜日に無茶しても水曜日ゆっくり過ごせば元気が戻る。

水曜日の天気は、荒れるとテレビで聞き。穏やかな本日(火曜日)は、行くべき一日。

日陰育ちの白い上腕をたたき直すため、タンスの奥からノースリーブを出し、身にまとう。

何故か少し照れくさい。初めてつばの広いハットをかぶった時の様な照れと似ている。

ハットならつばで表情を隠せるが、ノースリーブじゃ。隠すことができない。恥ずかしい。

こんな時、私は、もうその日は鏡はのぞかないようにと決めている。

まず、腹が減っては戦はできぬ。桜上水にある、お気に入りの飲食店を目指す。

出発だ。風・湿度・雲もすべて味方だ。

 

白い上腕を風がすべり、胸躍る。ペダルも踊る。

食事をすませ。北に流れる「神田川」を目指す。すぐだ。目の前である。

川沿いを西に向かえば「井の頭公園」までは迷うことはない。

久しぶりの目の前の神田川。空梅雨のためなのか。水が頼りない。しずかな流れ。

途中、神田川と併走する井の頭線のあじさい。かなり立派。

線路のフェンスによじ上り。 ハイ・チーズ。カチャ。

楽しい一日でした。腕、真っ赤。

 

 

 

 

バッタの子供

今年も、バッタが誕生しました。

毎日じっとして、1ミリくらいずつ大きくなって近所のこどもたちの人気者になりつつあります。

しばらく観察してみます。