アイスミントシャンプーが入荷いたしました。

昨年の夏も大ヒットの ジオスキャルプシャンプーアイスミントが入荷いたしました。

頭皮のアンチエイジング効果に期待が持てるスキャルプシャンプー

ジオアイスミントのいいところ

■メカニズム1 しみわたるうるおい「アルプス氷河水」
アルプス山脈の氷河より溶け出したミネラルを含んだピュアウォー        ターをレシチンカプセルで内包しうるおいを与える。

■メカニズム2 冷たい使い心地の「氷結冷寒」
体感が異なる4種の爽快成分をオリジナルブレンド。突き抜ける冷感        が持続。

■メカニズム3 男性特有の不快な匂いを防臭する
ニオイの元となる皮脂や汚れを優しく洗い流す。
機能性香料の採用。汗や皮脂臭を取り込んで爽やかな香りに変え         る。

___________________________________________

これ1本でこの夏をスッキリ・快適に過ごせるならば 1800円は高くはない。

●ジオスキャルプシャンプーアイスミント 320ml/1800円+税

________________________________

 

___________________________________

吉祥寺の雨上がり

雨も上がり、午後の大正通り裏を歩いてみる。

プチな冒険だ。

雨上がりを確認に来たと思われる猫と見つめ合う。

感動だ。シャッターチャンス到来。

_______________________

ツルばらとスモークツリーのトンネル。

歩き疲れた足の痛みが消えた瞬間であった。

________________________

 

ベンジャミンにシャワー

毎年、GW中に行う当店の行事がある。

当店の開店時から30年近くを共にしてきた観葉植物(ベンジャミン)を
店内から屋外へ出す作業だ。
店内と外気の温度差がなくなるこの時期がベストだ。
日差しもまだ優しく、葉焼けの心配も少ない。

本来なら、いきなり屋外ではなく、10日ぐらいかけて徐々に外気や太陽に慣らさせていくのだが、植物が大きくなり、ここ数年は、植物には悪いが一気の環境変化に耐えてもらっている。
そうすることによって、強い植物になると、農家のおばちゃんに聞いた。

汚れた葉を霧吹きでシャワーをしてあげる。枝だ葉が喜んでいるのが感じられる。
掃除の残りは、大荒れの雨に任せよう。

皆様もご家庭の観葉植物に手をかけましょう。

 

GW中、予定のない方は、イソップへ。

衣替え

黄緑の季節がやって来た。

衣替えだ。

私は職業柄、半袖ポロシャツが大好きだ。

理由は言うまでもなく、袖まくりという面倒な手間がなくなるからだ。

半袖ポロシャツと半年ぶりの再会だ。
忘れかけていた夏服と出会うと得をした気分になれる。

今なら早咲きのクレマチス(ハンショウズル)がお出迎え中。

 

皆さんも、GW前に初夏の髪にしてはいかがでしょうか。

_________________________________
GWも通常通りの営業!の予定です。

 

花筏

先週末、お客様の多くが 「井の頭公園の桜も終わりね」と言った。

枝に花がついたピンク色の桜、それは見頃は終えたかもしれないが、

私は、花びらがハラハラと舞う「桜吹雪のほうが好きだ」

花びらが私に寄ってくるようで肌で桜を味わえる。

春の雪のようだ。

桜吹雪が終われは、水面に浮かんだ桜が美しい。花筏。

桜のイカダが流れて行く。

目標の花びらをひとつ決め、流れを楽しむ。

真新しいスーツを着た若者たちを真っ赤に燃えるつつじが出迎える。

彼らにはそんな余裕はないだろう、まっすぐ前を見るだけでいい。

皆、髪が整って気持ちがいい。

次はイソップで。

皆で応援しよう。

いよいよ、 平昌2018オリンピックの開幕だ。

ワクワク・ドキドキの手に汗握る日々が続くだろう。

とりあえず、開会式が楽しみ。

明日、10日から12日の3連休に 井の頭恩賜公園 西園にて
「東京2020ライブサイト in 2018」が実施される。

競技の生中継や録画を大型モニター(293インチ)で映し出すPVが行われる。

https://tokyo2020.org/jp/special/pyeongchang-to-tokyo/livesites/

______________________________________________________

 

髪を整えてから、皆で応援しよう。

_____________________________________________________

髪を切りシャッターを切ろう。

シャッターを切るということ。

答えは、明白だ。
それは、無意識に感動している時である。

生きているページを作り残す瞬間である。
シャッターチャンスは人によって異なるかもしれない。

スマホの中の写真の数が多い人は、
もしかしたら感動の多い人かもしれない。

スマホの写真の数が少ない人は、常に冷静かもしれない。
言い換えれば、穏やかな人かもしれない。

僕は、祭り好きだ。常に感動していたい。
2018年も数多くのシャッターを切っていきたいと思う。

みんなも今年は、役者のように積極的にヘアスタイルでイメージを変えて、
ルンルンとした気分で街へと向かおう。
前髪だけでもイメチェンは十分にできる。

______________________________

力作。

武蔵野は雪景色がよく似合う。

今週、月曜日からの大雪で一面真っ白。

翌日の火曜日はサロンの定休日なので雪浴びに出かけた。

歩き疲れてきたころ、ホットできる雪だるまと出会った。

あっという間に疲れが飛んだ。

二日後、彼らは消えた。

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

プラネタリウム

帰省して思い出したこと。

幼いころ、夜の暗闇は臆病な僕をとても不安にさせた。
ひとりじゃいられない。

子供部屋を与えられた時はとても嬉しかった。昼間の時間は、はしゃぎ回った。
夜になり、寝る前の暗闇は恐怖でしかなかった。
雪の月光を窓から取り込めば、薄灯りは取れるが
冷気も一緒に運んでくる。
あまり寒くては眠れない。暗闇の方を選び障子を閉めた。

その頃の僕の中では、ゆうれい、おばけ、ようかいが同じ所に住んでいた。

僕の生まれた土地では、子供の住む家には
「なまはげ」という奴が大晦日にやってくるらしい。

 

 

ついに、我が家にもなまはげがやって来た。
めちゃくちゃ怖い。僕は泣き叫び両親に助けを求めた。
僕の中のヒーローという親は笑っていた。

どうも助ける気持ちは無いとみた。
幼い僕の中の実在するヒーローは消えた。

_________________________

布団に潜り込んだ僕は、横には何者かが潜んでいるかもしれないという
見えない恐怖と闘う。
とっさの時は蛍光灯のスイッチのひもを引けば解決だと自分に言い聞かせる。
僕の味方はひもだけだ。

物音がすると、すぐにひもを引く。だが、ひもはすぐには探せない。
闇の中、腕を振り回しながらひもを探す。
手がひもをかすめ、振り子になり、難易度はさらに上がる。
しばらく格闘して、ひもをやっとこ握りしめる。

__________________________________

ある時、僕に救世主が現れた。
スイッチのひもの先に付ける、暗闇でも輝く「蛍光ボール」が子供部屋についた。
灯りを消すと、蛍光ボールは黄色に輝き、僕の部屋に満月がやって来た。
ただ、満月というボールは、割とすぐ消えた。 少しがっかりした。

 

____________________________________

去年まで、僕の寝室の蛍光灯のスイッチひもには当然「蛍光ボール」がついていた。
その蛍光ボールは数時間は輝いていた。
蛍光ボールの進化にニコリとする。
その蛍光灯にもついに買い換えの時期が訪れた。

家電量販店にいくと、ひもが1台たりともぶら下がっていない。
全て「リモコン」式となっていた。 リモコンはいやだ。
僕の中の、蛍光灯のスイッチはひもという常識は消えた。

______________________________________

その夜から、さっそく悩みは現れた。
夜中、目が覚める。

まずは暗闇の中リモコンを探す。
手に取ったら、今度はオンのボタンを探す。
こんな、不便な日々が続いた。

______________________________________

久しぶりに救世主がやって来た。
「 高性能蓄光シール スイッチ・リモコン用角型 8時間タイプ」
僕の部屋中のリモコンの主要ボタン全部に貼り付けた。
その夜から、僕の寝室は、夜空になった。
明け方まで輝く8時間タイプ、頼もしい。

とても癒してくれる。僕だけのプラネタリウム。

______________________________