ノスタルジック

今日は台風一過で気温も久しぶりの晴天の真夏日。
息子に買い物を頼まれ街に出た。

ダイヤ街を歩き進むと見慣れた景色が突然変わっていた。

この景色のはずが・・・・・。

こうなっていた。

 

僕はモダンな建築に「ワキワク感」に襲われた。

10月1日 「本日ニューリアルオープン」の呼び込みの声。

私は秋風も手伝ってノスタルジックな気持ちが訪れた。

 

スマホに変えたし吉祥寺の街撮りをしておこう。そう思った。

____________________________

許してあげよう

私は迷っていた。
店の一つの鉢から、この春芽生えた謎の植物。

この秋で30cm位まで成長した。
調べれば、わかる位まで全貌を現した。

その植物の葉が最近食べ散らかされているではないか。
犯人は当然そこにいる。
保護色で隠れても私の目はごまかせない。

犯人はアゲハ蝶の幼虫だ。
ということは幼虫の好物の柑橘類の植物と判明した。

幼虫を退治しようと思ったが、
謎の植物を教えてくれたお礼に観察することにした。

虫を退治しないのは初めてとなる。

______________________

 

バックアップを取ろう

先日「崖っぷちの人」というテレビ番組をみた。
子育て真っ最中9年目の子供4人のママが「崖っぷち」にいた。
表情はこわばり、年よりも老けて見える。

 

どうやら、9年分の子育て、成長記録を収めたハードディスクか壊れたという。
愛知の地元では、何件も修理不可と断られて、日本でNO1の腕を持つという
東京にあるデータ復活会社にママは駆け込んだ。

壊れたハードディスクを見てもらう。
診断結果は修理可能と出た。ママの表情は緩む。
続いて費用見積もり額は・・・・・・
なんと35万円。ママの表情は、また曇る。
この時点で依頼率は50%という。

ママは愛知のパパに相談の電話をかける。
夫婦で話し合い、修理にgoと出た。

後日、テレビ番組のスタッフがママの暮らす愛知まで蘇ったハードディスクを届ける。
崖っぷちの暗い表情は消え、ママは可愛くスタッフを出迎える。
4人の子供たちは幼く、まさに子育て真っ最中が確認できた。

ハードディスクをテレビに接続する・・・・
映った。蘇った。 テレビには8歳になる長男の生まれたての動画が流れた。
私は涙がこぼれた。

私は早速、春から途中になっていたデジタル家族写真のバックアップを
休日に取りかかった。

フォルダの名前だけで、何となく記憶が蘇ってくる。
その時の心に戻る。
素敵な休日を過ごすことができた。

みんなも昔の髪型をチャックしながらバックアップを取ろう。。

三鷹阿波踊り

夕暮れの午後6時
「チャンカ チャンカ チャンカ ♫」高い金属音が鳴り始まる。
摺鉦(すりがね)の音だ。三鷹阿波踊りのスタートだ。

去年の夏に僕は阿波踊りの魔法にかかってしまった。
シーズンオフは録画した阿波踊りをつまみに酒を飲むほどのファンである。
一年、この時が楽しみであった。朝からそわそわ胸躍る。

踊り手の綺麗にまとめられた髪。鮮やかな夏色のゆかた。真っ白な足袋。
紅白の鼻緒。 深くかぶった網み笠、顔が隠れ色っぽい。

彼女たちは同調した舞で練習量がうかがえる。
手の高さまでシンクロしている。足さばきも一歩・一歩モデルウォークで美しい。

そこにリズムだ。夏祭りの笛、三味線、締太鼓、体に響く大太鼓、「チャンカ・チャンカ」の摺鉦(すりがね)
リズムは 「チャンカ」の「カ」は入ることによって
裏リズムとなり、 身も心も解放されいつの間にかトランス状態なるらしい。
裏リズムで有名なのは、ジャマイカのヒーロ「ボブマーリー」でお馴染みの
レゲエである。

日が落ちると三鷹駅南口通りは 屋外のダンスホールと化す。
ずっと同じようなリズムが続く。 魔法はどんどん深くなる。


3時間はあっという間であった。
午後9時 魔法は解けないまま家路に向かう。

今週末は高円寺阿波踊りが開催されます。

髪をまとめて、阿波踊りの魔法に掛かろう。

_____________________________

アイスミントシャンプーが入荷いたしました。

昨年の夏も大ヒットの ジオスキャルプシャンプーアイスミントが入荷いたしました。

頭皮のアンチエイジング効果に期待が持てるスキャルプシャンプー

ジオアイスミントのいいところ

■メカニズム1 しみわたるうるおい「アルプス氷河水」
アルプス山脈の氷河より溶け出したミネラルを含んだピュアウォー        ターをレシチンカプセルで内包しうるおいを与える。

■メカニズム2 冷たい使い心地の「氷結冷寒」
体感が異なる4種の爽快成分をオリジナルブレンド。突き抜ける冷感        が持続。

■メカニズム3 男性特有の不快な匂いを防臭する
ニオイの元となる皮脂や汚れを優しく洗い流す。
機能性香料の採用。汗や皮脂臭を取り込んで爽やかな香りに変え         る。

___________________________________________

これ1本でこの夏をスッキリ・快適に過ごせるならば 1800円は高くはない。

●ジオスキャルプシャンプーアイスミント 320ml/1800円+税

________________________________

 

___________________________________

吉祥寺の雨上がり

雨も上がり、午後の大正通り裏を歩いてみる。

プチな冒険だ。

雨上がりを確認に来たと思われる猫と見つめ合う。

感動だ。シャッターチャンス到来。

_______________________

ツルばらとスモークツリーのトンネル。

歩き疲れた足の痛みが消えた瞬間であった。

________________________

 

ベンジャミンにシャワー

毎年、GW中に行う当店の行事がある。

当店の開店時から30年近くを共にしてきた観葉植物(ベンジャミン)を
店内から屋外へ出す作業だ。
店内と外気の温度差がなくなるこの時期がベストだ。
日差しもまだ優しく、葉焼けの心配も少ない。

本来なら、いきなり屋外ではなく、10日ぐらいかけて徐々に外気や太陽に慣らさせていくのだが、植物が大きくなり、ここ数年は、植物には悪いが一気の環境変化に耐えてもらっている。
そうすることによって、強い植物になると、農家のおばちゃんに聞いた。

汚れた葉を霧吹きでシャワーをしてあげる。枝だ葉が喜んでいるのが感じられる。
掃除の残りは、大荒れの雨に任せよう。

皆様もご家庭の観葉植物に手をかけましょう。

 

GW中、予定のない方は、イソップへ。

衣替え

黄緑の季節がやって来た。

衣替えだ。

私は職業柄、半袖ポロシャツが大好きだ。

理由は言うまでもなく、袖まくりという面倒な手間がなくなるからだ。

半袖ポロシャツと半年ぶりの再会だ。
忘れかけていた夏服と出会うと得をした気分になれる。

今なら早咲きのクレマチス(ハンショウズル)がお出迎え中。

 

皆さんも、GW前に初夏の髪にしてはいかがでしょうか。

_________________________________
GWも通常通りの営業!の予定です。

 

花筏

先週末、お客様の多くが 「井の頭公園の桜も終わりね」と言った。

枝に花がついたピンク色の桜、それは見頃は終えたかもしれないが、

私は、花びらがハラハラと舞う「桜吹雪のほうが好きだ」

花びらが私に寄ってくるようで肌で桜を味わえる。

春の雪のようだ。

桜吹雪が終われは、水面に浮かんだ桜が美しい。花筏。

桜のイカダが流れて行く。

目標の花びらをひとつ決め、流れを楽しむ。

真新しいスーツを着た若者たちを真っ赤に燃えるつつじが出迎える。

彼らにはそんな余裕はないだろう、まっすぐ前を見るだけでいい。

皆、髪が整って気持ちがいい。

次はイソップで。