恐竜世界

悪魔は突然やってきた 。

時は6600万年前。地球の天下は恐竜だ。

悪魔の正体は直径14kmの小惑星、秒速17kmでメキシコ・ユカタン半島沖
に向かっていた。 100km先に5.6秒でたどり着く半端ない速度

そして悪魔は地球に衝突した。
衝突エネルギーは広島原爆の一億倍。
小惑星は深さ35km、直径200Kmの穴を開け即座に蒸発。

爆心地に近い場所では巨大な岩石の雨と共に衝撃波が発生。
半径1000kmの生物はすべて焼かれ消滅した。

衝突による津波の高さ約300メートル、津波の飲まれた恐竜もいた。

衝突で地中の花崗岩を粉砕し上空へと吹き飛んだ。
掘り返された地面の面積は関東野より広く、
膨大な岩石と粉塵が大気を漂っつた。
粉塵は大気圏を越える高さまで吹き飛んだ。
この時の空気の温度は10000℃。

2000km離れ衝撃波を逃れた場所でも10分後には災害が始まった。

大気に舞った粉塵は上空で冷やされて固まり砂粒ほどの球体に、
これらが再び大気圏に入る時に燃え上がった。
空全体は赤い溶岩の粉塵シートに見える。

 

地上60km地点で燃え尽きた粉塵は太陽の2~3倍の熱量。
灼熱の粉塵に植物が発火。
至る所で始まるマス・ファイヤーと呼ばれる、通常より熱い火災に。
すべてに木々が火が付いた。
台風のようなスピードの風が炎をあおりすべてを焼き尽くした。

火災の起きなかった場所でも高温の雲によって
気温は260℃まで急上昇し多くの恐竜を焼き尽くした。
2時間以内に景色は一変した。
まさに恐竜世界の終止符。

焦熱の粉塵は地球全体を覆い、陸上の生物はわずか数時間で壊滅的ダメージを受けた。

______________________________________

灼熱の雲を切り抜けた海の恐竜たちは二次災害に。

追い打ちに衝突で富士山数個分の石灰岩と硫酸塩岩が衝突で極限まで圧縮され蒸発し大気中に放出されました。
それにより、太陽光は遮断され暗闇になり生き残った恐竜は狩りができなくなった。
光合成も止った。

さらに硫酸塩岩のチリは胃液ほどの強い酸性雨が1年ほど断続的に降り続け
海面付近のプランクトンは死滅。
巡り巡って2億年続いた恐竜世界にとどめを刺した。

 

小惑星衝突の二次災害がどれぐらい続いたのかは現在わかっていない。

衝突場所から採取した地層を分析中だ。

______________________________________

ピンチは突然訪れる。髪は常に整えておこう。

______________________________________

 

三鷹阿波踊り

夕暮れの午後6時
「チャンカ チャンカ チャンカ ♫」高い金属音が鳴り始まる。
摺鉦(すりがね)の音だ。三鷹阿波踊りのスタートだ。

去年の夏に僕は阿波踊りの魔法にかかってしまった。
シーズンオフは録画した阿波踊りをつまみに酒を飲むほどのファンである。
一年、この時が楽しみであった。朝からそわそわ胸躍る。

踊り手の綺麗にまとめられた髪。鮮やかな夏色のゆかた。真っ白な足袋。
紅白の鼻緒。 深くかぶった網み笠、顔が隠れ色っぽい。

彼女たちは同調した舞で練習量がうかがえる。
手の高さまでシンクロしている。足さばきも一歩・一歩モデルウォークで美しい。

そこにリズムだ。夏祭りの笛、三味線、締太鼓、体に響く大太鼓、「チャンカ・チャンカ」の摺鉦(すりがね)
リズムは 「チャンカ」の「カ」は入ることによって
裏リズムとなり、 身も心も解放されいつの間にかトランス状態なるらしい。
裏リズムで有名なのは、ジャマイカのヒーロ「ボブマーリー」でお馴染みの
レゲエである。

日が落ちると三鷹駅南口通りは 屋外のダンスホールと化す。
ずっと同じようなリズムが続く。 魔法はどんどん深くなる。


3時間はあっという間であった。
午後9時 魔法は解けないまま家路に向かう。

今週末は高円寺阿波踊りが開催されます。

髪をまとめて、阿波踊りの魔法に掛かろう。

_____________________________

紫陽花

紫陽花

休日の青い空。
気持ちも晴れ渡り、冒険に出掛けよう。

目的地は「高幡不動」のお参りと紫陽花だ。
高幡不動駅から5分とアクセスが良すぎで冒険にならないので
豊田駅まで電車に乗り、豊田より高幡不動まで歩いて向かう。

地図は欠かせない。

川沿いを歩く、日陰が無く暑いが風が心地よい。胸躍る。
初めての景色はシャッターチャンスの連続だ。

川沿いの幼い時見たピンクの花。暑さを忘れこども時代に飛んだ。

やっと見つけた日陰のベンチでキンキンに冷えた水を飲む。
うまい。慌てて飲んだせいだろう、額がキーンと痛気持ちいい。
地図で確認すると、もう少しで目的地のようだ。

しばらく歩くと、五重塔の先端が見えてきた。到着だ。
暑い中40〜50分歩いた。景色が眩しい。

プチ鎌倉なような趣。全てペンキ塗り立てのような彩度が高く綺麗だ。
気分は盛り上がり空腹感は消えた。

お参りをすませ紫陽花観察。
山内八十八ケ所巡拝路にあじさいはあるようだ。
行って見ると軽い山登りである。
豊田駅から歩いてきた脚にはちょっときつい、汗がにじみ出る。

見事な色、紫陽花のカーテン。最上級の紫陽花だ。

手の行き届いた紫陽花たち。

高幡不動のあじさい「hampanai」

 

 

化粧室で汗ばんだ顔をリフレッシュして五重塔を後にする。

梅雨明けだ。髪を切り、高幡不動に出掛けよう。

________________________

アイスミントシャンプーが入荷いたしました。

昨年の夏も大ヒットの ジオスキャルプシャンプーアイスミントが入荷いたしました。

頭皮のアンチエイジング効果に期待が持てるスキャルプシャンプー

ジオアイスミントのいいところ

■メカニズム1 しみわたるうるおい「アルプス氷河水」
アルプス山脈の氷河より溶け出したミネラルを含んだピュアウォー        ターをレシチンカプセルで内包しうるおいを与える。

■メカニズム2 冷たい使い心地の「氷結冷寒」
体感が異なる4種の爽快成分をオリジナルブレンド。突き抜ける冷感        が持続。

■メカニズム3 男性特有の不快な匂いを防臭する
ニオイの元となる皮脂や汚れを優しく洗い流す。
機能性香料の採用。汗や皮脂臭を取り込んで爽やかな香りに変え         る。

___________________________________________

これ1本でこの夏をスッキリ・快適に過ごせるならば 1800円は高くはない。

●ジオスキャルプシャンプーアイスミント 320ml/1800円+税

________________________________

 

___________________________________

吉祥寺の雨上がり

雨も上がり、午後の大正通り裏を歩いてみる。

プチな冒険だ。

雨上がりを確認に来たと思われる猫と見つめ合う。

感動だ。シャッターチャンス到来。

_______________________

ツルばらとスモークツリーのトンネル。

歩き疲れた足の痛みが消えた瞬間であった。

________________________

 

ベンジャミンにシャワー

毎年、GW中に行う当店の行事がある。

当店の開店時から30年近くを共にしてきた観葉植物(ベンジャミン)を
店内から屋外へ出す作業だ。
店内と外気の温度差がなくなるこの時期がベストだ。
日差しもまだ優しく、葉焼けの心配も少ない。

本来なら、いきなり屋外ではなく、10日ぐらいかけて徐々に外気や太陽に慣らさせていくのだが、植物が大きくなり、ここ数年は、植物には悪いが一気の環境変化に耐えてもらっている。
そうすることによって、強い植物になると、農家のおばちゃんに聞いた。

汚れた葉を霧吹きでシャワーをしてあげる。枝だ葉が喜んでいるのが感じられる。
掃除の残りは、大荒れの雨に任せよう。

皆様もご家庭の観葉植物に手をかけましょう。

 

GW中、予定のない方は、イソップへ。

衣替え

黄緑の季節がやって来た。

衣替えだ。

私は職業柄、半袖ポロシャツが大好きだ。

理由は言うまでもなく、袖まくりという面倒な手間がなくなるからだ。

半袖ポロシャツと半年ぶりの再会だ。
忘れかけていた夏服と出会うと得をした気分になれる。

今なら早咲きのクレマチス(ハンショウズル)がお出迎え中。

 

皆さんも、GW前に初夏の髪にしてはいかがでしょうか。

_________________________________
GWも通常通りの営業!の予定です。

 

花筏

先週末、お客様の多くが 「井の頭公園の桜も終わりね」と言った。

枝に花がついたピンク色の桜、それは見頃は終えたかもしれないが、

私は、花びらがハラハラと舞う「桜吹雪のほうが好きだ」

花びらが私に寄ってくるようで肌で桜を味わえる。

春の雪のようだ。

桜吹雪が終われは、水面に浮かんだ桜が美しい。花筏。

桜のイカダが流れて行く。

目標の花びらをひとつ決め、流れを楽しむ。

真新しいスーツを着た若者たちを真っ赤に燃えるつつじが出迎える。

彼らにはそんな余裕はないだろう、まっすぐ前を見るだけでいい。

皆、髪が整って気持ちがいい。

次はイソップで。

金メダリスト 小平奈緒

17日間の氷と雪の祭典が幕を閉じた。

私は、心のシャッターを何度も何度も押すことができた。

今日、私が涙した新聞記事より

__________________________________
スピードスケート女子500mのレース前、

小平奈緒選手は「ゴールの先に見える景色を楽しみに準備したい」と臨み、

金メダルを獲得した後、

「実際に見えた景色は涙でかすんで、皆様の顔が見えなかった」

そして「金メダルをもらうのは名誉なことだが、どういう人生を生きていくかが大事」とも言った。

________________________________

私が31歳の頃、そんなふうに思えただろうか?

_________________________________

小平選手のようなショートカット、いかがですか。