恐竜世界

悪魔は突然やってきた 。

時は6600万年前。地球の天下は恐竜だ。

悪魔の正体は直径14kmの小惑星、秒速17kmでメキシコ・ユカタン半島沖
に向かっていた。 100km先に5.6秒でたどり着く半端ない速度

そして悪魔は地球に衝突した。
衝突エネルギーは広島原爆の一億倍。
小惑星は深さ35km、直径200Kmの穴を開け即座に蒸発。

爆心地に近い場所では巨大な岩石の雨と共に衝撃波が発生。
半径1000kmの生物はすべて焼かれ消滅した。

衝突による津波の高さ約300メートル、津波の飲まれた恐竜もいた。

衝突で地中の花崗岩を粉砕し上空へと吹き飛んだ。
掘り返された地面の面積は関東野より広く、
膨大な岩石と粉塵が大気を漂っつた。
粉塵は大気圏を越える高さまで吹き飛んだ。
この時の空気の温度は10000℃。

2000km離れ衝撃波を逃れた場所でも10分後には災害が始まった。

大気に舞った粉塵は上空で冷やされて固まり砂粒ほどの球体に、
これらが再び大気圏に入る時に燃え上がった。
空全体は赤い溶岩の粉塵シートに見える。

 

地上60km地点で燃え尽きた粉塵は太陽の2~3倍の熱量。
灼熱の粉塵に植物が発火。
至る所で始まるマス・ファイヤーと呼ばれる、通常より熱い火災に。
すべてに木々が火が付いた。
台風のようなスピードの風が炎をあおりすべてを焼き尽くした。

火災の起きなかった場所でも高温の雲によって
気温は260℃まで急上昇し多くの恐竜を焼き尽くした。
2時間以内に景色は一変した。
まさに恐竜世界の終止符。

焦熱の粉塵は地球全体を覆い、陸上の生物はわずか数時間で壊滅的ダメージを受けた。

______________________________________

灼熱の雲を切り抜けた海の恐竜たちは二次災害に。

追い打ちに衝突で富士山数個分の石灰岩と硫酸塩岩が衝突で極限まで圧縮され蒸発し大気中に放出されました。
それにより、太陽光は遮断され暗闇になり生き残った恐竜は狩りができなくなった。
光合成も止った。

さらに硫酸塩岩のチリは胃液ほどの強い酸性雨が1年ほど断続的に降り続け
海面付近のプランクトンは死滅。
巡り巡って2億年続いた恐竜世界にとどめを刺した。

 

小惑星衝突の二次災害がどれぐらい続いたのかは現在わかっていない。

衝突場所から採取した地層を分析中だ。

______________________________________

ピンチは突然訪れる。髪は常に整えておこう。

______________________________________

 

紫陽花

紫陽花

休日の青い空。
気持ちも晴れ渡り、冒険に出掛けよう。

目的地は「高幡不動」のお参りと紫陽花だ。
高幡不動駅から5分とアクセスが良すぎで冒険にならないので
豊田駅まで電車に乗り、豊田より高幡不動まで歩いて向かう。

地図は欠かせない。

川沿いを歩く、日陰が無く暑いが風が心地よい。胸躍る。
初めての景色はシャッターチャンスの連続だ。

川沿いの幼い時見たピンクの花。暑さを忘れこども時代に飛んだ。

やっと見つけた日陰のベンチでキンキンに冷えた水を飲む。
うまい。慌てて飲んだせいだろう、額がキーンと痛気持ちいい。
地図で確認すると、もう少しで目的地のようだ。

しばらく歩くと、五重塔の先端が見えてきた。到着だ。
暑い中40〜50分歩いた。景色が眩しい。

プチ鎌倉なような趣。全てペンキ塗り立てのような彩度が高く綺麗だ。
気分は盛り上がり空腹感は消えた。

お参りをすませ紫陽花観察。
山内八十八ケ所巡拝路にあじさいはあるようだ。
行って見ると軽い山登りである。
豊田駅から歩いてきた脚にはちょっときつい、汗がにじみ出る。

見事な色、紫陽花のカーテン。最上級の紫陽花だ。

手の行き届いた紫陽花たち。

高幡不動のあじさい「hampanai」

 

 

化粧室で汗ばんだ顔をリフレッシュして五重塔を後にする。

梅雨明けだ。髪を切り、高幡不動に出掛けよう。

________________________

2月14日

日が延びてきた。

春だ。雪国育ちの私は春が待ち遠しい。梅の花で確認に出掛けたくなる。

2月14日は長男の誕生日である。

息子たちが幼い頃、
長男の誕生日が私の休日と重なるときは、必ず「こがねいこうえん」に向かった。

そんな習慣は私ひとりになっても続いている。
________________________
そして私は休日の14日、春の確認に小金井公園に向かった。
梅園に近くなり感じた・・・。
活気が・・・・。人がまばらだ。

ほとんど梅の木はまだ眠っていた。
寒い冬だったからだろう。
シャッターを切る気持ちも眠りに入りそうになったが
グッとまぶたを開くことにした。

 

 

かわいい。

_________________________
西へ進むと「江戸東京たてもの園」広場前で

「☆東京地酒と酒器うつわ祭り☆ 八丈島物産展in小金井公園」
開催していた。

試飲したかったが、朝からの地酒は強烈だ。僕は自分の中で「立ち入り禁止」にして
さっさと、その場を後にした。

=======================

春髪でルンルン気分で小金井公園へGO.

=================================================

武蔵野の紅葉もいいよ。

店内のイチョウは、残る葉の数は10枚程度となりました。

たくさんの方に見て頂き、イチョウも喜んでいると思います。

武蔵野周辺の紅葉は今が見頃です。

今週末は髪を切って、いちょう狩りに出かけよう。マフラーも忘れずに。

 

_____________________________

吉祥寺西コミセンにて18日、19日とコミセン祭り開催。

バザーや出店などお楽しみがいっぱい。

イソップにも来てね。

 

 

カナディアン・ロッキーに飛んだ

今月6日の私の誕生日、カナダに留学中の息子より

お祝いのメールが届いた。生き生きしている。

わたしは元気をもらった。

そして、私の心もカナディン・ロッキーに飛んだ。

太陽にほえろのロッキーとはちがっていた。

 

________________________

井の頭池

おぉ~緑色だ。

井の頭公園の池の水の色のことである。

どうやら、数回によるかいぼりの成果が出て、数十年ぶりに池の中の水草が蘇ったらしい。

ということは、

本来は緑色だったのだろうか?

 

私の中に過去の井の頭公園の池の色の記憶はない。。

10月21日と22日に、ちょこっとかいぼり隊が開催予定。
雨のために主催者にご確認ください。

 

 

髪を切って井の頭公園へ出かけよう。

______________________________________

 

______________________________________

思い出を踏みしめろ。

先日の休み、久しぶりに走り馴染んだコース、名付けて武蔵野市役所西コースをウォーキングに出かけた。

秋空も高くて真っ青。おまけに日陰ひんやり。これ以上ないコンディション。生きていることができて良かったしみじみと思う。

このコースは実に2~3年ぶり。同じ景色に飽きていたからだ。

イチョウ並木沿いに差し掛かると、「あれぇ」   澄んだ秋空が狭く感じられた。

この道は10年ほど前に整備され、その時に苗木のイチョウが植えられた。若い道路。
そのイチョウが縦にも横にもデカクなっていた。
そのイチョウが空を狭くさせていた。
葉もボーボーだ。

私はハサミがあれば切りたくなった。

イチョウたちは老いていく私に生長パワーと元気をくれた。

そして私はイチョウの青いバナナような元気な葉の色と厚みが好きだ。

あの葉の厚みのためだろう、人に踏まれても変色しにくい秋の王様だ。

 

_______________________________________________________________

私の前方から、髪のみだれた、スローかつ左右にぶれるウォークのご老人夫婦のが近づいてくる。

私と老夫婦がすれ違いざまお爺さんが何かを踏んだらしい。

下を向いて叫ぶ。

「ギンナンだ~。きったねぇ~」

確実の踏みしめたご様子だ。
私は思わず声を出して笑ってしまった。

________________________________

 

 

初めてお寺でギンナンを踏んだ小学生のころの懐かしいにおいを思い出しだ。

踏んでくれてありがとう。

お爺さん。

 

 

____________________________________________________________________________

 

 

京王井の頭線のあじさい

今週は第三週目で店は連休だ。火曜日に無茶しても水曜日ゆっくり過ごせば元気が戻る。

水曜日の天気は、荒れるとテレビで聞き。穏やかな本日(火曜日)は、行くべき一日。

日陰育ちの白い上腕をたたき直すため、タンスの奥からノースリーブを出し、身にまとう。

何故か少し照れくさい。初めてつばの広いハットをかぶった時の様な照れと似ている。

ハットならつばで表情を隠せるが、ノースリーブじゃ。隠すことができない。恥ずかしい。

こんな時、私は、もうその日は鏡はのぞかないようにと決めている。

まず、腹が減っては戦はできぬ。桜上水にある、お気に入りの飲食店を目指す。

出発だ。風・湿度・雲もすべて味方だ。

 

白い上腕を風がすべり、胸躍る。ペダルも踊る。

食事をすませ。北に流れる「神田川」を目指す。すぐだ。目の前である。

川沿いを西に向かえば「井の頭公園」までは迷うことはない。

久しぶりの目の前の神田川。空梅雨のためなのか。水が頼りない。しずかな流れ。

途中、神田川と併走する井の頭線のあじさい。かなり立派。

線路のフェンスによじ上り。 ハイ・チーズ。カチャ。

楽しい一日でした。腕、真っ赤。

 

 

 

 

あじさいまつり・・・郷土の森

梅雨の晴れ間に、あじさい狩りにいってまいりました。

今回の場所は、府中郷土の森。数年前に梅の花以来。

前回の3月の時の空が広い芽吹き前とは違い、うっそうとした森。

予報は曇りが、いい天気。汗ばむ陽気。冷えた茶がうまい。

うっとり。

アジサイの小道。

プラネタリウムはドラえもん 宇宙の不思議大探険3・地球のふしぎ 。上映中。

東村山菖蒲まつり

6日の朝、菖蒲まつりのHPにて最新の開花情報・天候・最高気温をチェック。

3分~4分咲きということで、わりとわたし好みの咲き具合で会場の北山公園に向かうことにした。

過去に訪れたことのある会場の北山公園の記憶は裸の畑と雑木林のよくある景色。

今回は期待高。

 

自転車で一時間強(距離にして15km)で到着。

色とりどりで見事。来てよかった。本当によかった。

見事。すばらしい。

水湿地が好みの菖蒲は花弁がみずみずしく、高級ティシュのような質感であった。

喉も渇き腹も減り。模擬店がありがたい。

見ごろは、今週末だそうです。雨の菖蒲も悪くないと思います。

http://www.shoukoukai.or.jp/shoubu.kaika.html 北山公園菖蒲まつり

出かけましょう。トトロの森へ。